ALOSとは

 ALOSの3つのセンサ PALSAR詳細

■ PALSAR フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ

「PALSAR」は、雨天や曇天といった天候条件、また昼夜にも影響されずに観測ができる能動型のマイクロ波センサです。地球資源衛星1号 (JERS-1)に搭載された合成開口レーダ(SAR)の機能・性能をさらに向上させたもので、Lバンドを用いています。
高分解能モード(観測幅約70km・地上分解能10m)に加え、広域モード(観測幅250~300km・地上分解能100m)を有しており、利用目的に応じて使い分けることができます。
PALSARは、干渉処理による地殻変動図の作成や、特定区域の監視などに適しています。

     

右の画像は、ALOSが豊後水道上空を南から北に抜ける平成18年2月15日の夜間(22時16分頃)に、PALSARから観測した夜間画像です。

左図は、富士山から伊豆半島にかけての全体図(右上図:幅70km×長さ140km)を、国土地理院の国土数値情報を用いて鳥瞰図表示したものです。 右下の富士山山頂の拡大画像では、山頂付近から西側に見られる大沢崩やその他の地形構造が細かく捉えられています。

PALSARはマイクロ波を用いた合成開口レーダで、天候、昼夜の別なく観測できます。本画像も夜間観測で得られたもので、当地は小雨ぱらつく気象条件でしたが、PALSARでは良好な画像を得ることができました。


●PALSAR主要諸元
モード 高分解能 広観測域 多偏波(実験モード *1)
中間周波数 1270 MHz(L-band)    
バンド幅 28MHz 14MHz 14MHz,28MHz 14MHz
偏波 HH or VV HH+HV or
VV+VH
HH or VV HH+HV+VH+VV
入射角範囲 8~60° 8~60° 18~43° 8~30°
地上分解能 7~44m 14~88m 100m (multi look) 24~89m
観測幅 40~70 km 40~70 km 250~350km 20~65km
量子化ビット数 5 bits 5 bits 5 bits 3 or 5bits
Data rate 240Mbps 240Mbps 120Mbps,240Mbps 240Mbps
雑音等価後方散乱係数 *2 < -23dB (観測幅 70km)
< -25dB (観測幅 60km)
< -25dB < -29dB
信号対アンビギュイティ比
(S/A) *2,*3
> 16dB (観測幅 70km)
> 21dB (観測幅 60km)
> 21dB > 19dB
ラジオメトリック精度 1シーン内で 1dB/1 軌道内で 1.5dB
アンテナサイズ アジマス方向:8.9m x エレベーション方向:3.1m

注記: オフナディア角41.5°の時、北緯87.8°および南緯75.9°を超える範囲は観測不可能です。
*1 電力の関係により、運転時間に制限があります。
*2 高分解能モード:オフナディア角は34.3°
  広観測域モード:オフナディア角は34.1°
  多偏波モード:オフナディア角は21.5°
*3 PALSARの技術変更により、S/Aレベルが低下することがあります。

|