Gallery


        <br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201305-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 
        <br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201302-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】日本<br>【センサ】PRISM及びAVNIR-2<br>【観測日】2011/2/28<br>
        ALOSが捉えた函館市の画像です。画像中央に星形の五稜郭跡が見えます。五稜郭は日本初のフランス築城方式の星型要塞であり、星形の五角形の外観から五稜郭と呼ばれました。画像右下には函館空港があり、滑走路も確認できます。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201212-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】アルゼンチン<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2009/2/19<br>
        イスチグアラスト州立公園はサンフアン州北東部に位置します。ここでは約2億3千万年前三畳紀の地層が露出し、世界最古の恐竜など多くの化石が見つかっており、2000年にユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録されました。昼夜の気温差が大きい厳しい気候により、”月の谷”と呼ばれる荒涼とした景観が広がっています。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201211-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】アラスカ<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2009/9/3<br>
        フェアバンクスは、アラスカ州中央部に位置するアラスカ州第2の都市です。北半球で最も明るいオーロラが見えることで知られています。画像ほぼ中央を東から西へ流れるのは、大河ユーコンの支流タナナ川です。その北側にはフェアバンクスの市街地が広がっています。画像からは秋を迎えた雄大なアラスカの自然が窺えます。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201210-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】モルディブ<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2009/3/7<br>
        モルディブ共和国は、スリランカ南西のインド洋に位置し、26の珊瑚と1,190の小さな島からなっています。南北に823km、東西に130kmあり、面積は約90,000平方キロメートルですが、国土の99%以上は海であり、陸地はわずか3000平方キロメートル程度しかありません。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201208-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】イギリス<br>【センサ】AVNIR-2 / PRISM<br>【観測日】2010/6/16<br>
        第30回夏季オリンピック大会は、7月27日からロンドンで開催されます。画像からは、建設中のスタジアムの様子が分かります。スタジアムの西に広がるヴィクトリア・パークは、ロンドンでも最も歴史のある公園のひとつです。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201207-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】メキシコ<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2009/5/4<br>
        メキシコ ベラクルス州南部にあるトラコタルパンには、スペインコロニアル様式とカリブ海地域の伝統が融合した古い美しい町並みが残っており、1998年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。画像中央の大きく蛇行するパパロアパン川の畔にトラコタルパンがあります。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201206-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】バングラディッシュ<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2010/1/12<br>
        バングラディッシュには、ガンジス川、プラマプトラ川、メグナ川から流れてきた堆積物により広大な三角州が形成されており、国土の2/3が三角州上にあると云われています。画像西側の沿岸には世界最大規模のマングローブ林が広がっており、1997年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201204-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】ブラジル<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2010/6/3<br>
        サンタレンは、ブラジル北部パラ州の都市です。アマゾン川とその支流タパジョス川の合流点にあり、人口約19万人、河川交通の要衝として発展しました。この付近の川幅は広く、画像中央下に見えるサンタレン市街地と比べてもアマゾン川のスケールの大きさが分かります。またアマゾン川とタパジョス川の水質は異なり、その違いを画像からもはっきりと見ることができます。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201203-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】ノルウェー<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2010/7/17<br>
        トロムソは北極圏内に位置する人口約67000人のノルウェー北部の中心都市です。画像中央からやや北東に見える南北方向に長いトロムス島には、地球観測衛星のデータ受信を行なっているトロムソ局があります。島の東側には、海を越えてノルウェー本土との間を、西側にはクヴァル島との間を結ぶ橋を白い線状に見ることができます。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201202-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】日本<br>【センサ】AVNIR-2 / PRISM<br>【観測日】-<br>
        2006年1月24日の打上げから運用停止までの約5年の間に、ALOSが観測してきた膨大な量の日本列島の画像の中から数百シーン以上を組合せ、画像のひずみを取り除き、色調を統一した衛星地図です。「だいち図(マップ)」は、(株)ジオサイエンス・NTTデータ(株)・RESTECの3社共同で開発した地図製品です。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/201201-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】カメルーン共和国<br>【センサ】PALSAR 12.5m(偏波カラー合成)<br>【観測日】2010/05/30<br>
        画像は、カメルーン最大の都市ドゥアラの南東に位置する森林地帯をPALSARで観測したデータをカラー合成したものです。緑色は森林、桃色から紫色で占められている地域は伐採又は森林でないことを新たしています。南米アマゾンに次ぐ世界有数の規模を誇るアフリカ・コンゴ川流域の森林地帯では、近年、人口増加などによる伐採が深刻化しており、森林監視におけるPALSARデータの有用性は益々高まっています。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201112-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】アメリカ合衆国<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2010/06/21<br>
        ラスクルーセスは、アメリカ合衆国ニューメキシコ州南部に位置する都市です。砂漠地帯にあって、市の西側を流れるリオグランデ川の水を利用した灌漑農業が行われており、川に沿って緑豊かな農地が広がっています。近隣には、NASAの施設や米国陸軍のミサイル実験場があり、画像右上の山麓にはALOSデータの受信を行っているホワイトサンズ受信局を見ることができます。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201111-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】南米<br>【センサ】偏波カラー合成<br>【観測日】2009/06/12~2009/10/23<br>
        画像は、南米アマゾン全域を86回に分けてPALSARで観測したデータをカラー合成し繋ぎあわせたものです。緑色は森林、灰色又は紫色は伐採地あるいは森林ではないことを表しており、アマゾン川南の森林地代には、その形状からフィッシュボーンと言われる伐採地の広がりを見ることができます。PALSARは雲を通し地表を観測できる全天候型センサであり、被雲率の高い熱帯地域での森林監視などに活用されています。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201110-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】ロシア<br>【センサ】PRISM及びAVNIR-2<br>【観測日】2010/06/28<br>
        サンクト・ペテルブルグは、ロシア西部バルト海のフィンランド湾最東端に位置するロシア第2の都市です。18世紀から19世紀のバロック様式や新古典様式の建築が数多く残されており、1990年に世界文化遺産に登録されました。画像中央を横切るネヴァ川両岸には、多くの運河を見ることができ「北のヴェネツィア」と呼ばれる美しい街並みをうかがうことができます。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201109-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】メキシコ<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2010/05/22<br>
        カンクンは、メキシコ ユカタン半島の東側に位置しカリブ海に臨む観光都市で1970年代にメキシコ政府の主導により開発されました。画像上部にはユカタン半島先端のカトチェ岬、右下にはカンクンのダウンタウン、その周りにはカリビアンブルーと言われる美しい海を望むことができます。カンクンでは、2010年11月〜12月に第16回気候変動枠組条約締約国会議(COP16)が開催されました。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201108-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】インドネシア<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2010/07/05<br>
        ジャヤ峰は、ニューギニア島の西半分を占めるインドネシア領パプア州に位置するお世話に亜最高峰の山です。画像ほぼ中央には、赤道付近の熱帯雨林地帯にもかかわらず雲を擁するジャヤ峰を、その西には金、銅を採掘する世界最大級の高山であるグラスブルグ鉱山を見ることができます。インドネシアでは、地形図など国土基本情報の作成や災害監視、森林監視など様々な分野でALOSデータが利用されています。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201107-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】オーストラリア<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2010/05/22<br>
        画像は、南オーストラリア州中部から南東部にかけて広がる世界最大の軍用実験場であるウーメラ立入制限区域内のものです。2010年6月13日小惑星探査機「はやぶさ」から切り離されたカプセルは、約7年間、60億kmもの旅路の末、ウーメラ立入制限区域内に落下し無事回収されました。画像ほぼ中央には、広大な砂漠地帯を縦断しダーウィンとアデレードを結ぶスチュアート。ハイウェイを細い線状に見ることができます。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201106-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】フランス<br>【センサ】PRISM+AVNIR-2 (パンシャープン)<br>【観測日】2008/04/24<br>
        フランス・ニースは、パリに次ぐ訪問者数を誇る世界有数のリゾート地です。『天使の湾』と言われる青く美しい海やイタリア文化の影響が残る旧市街など、その景観の美しさは多くの芸術家をも魅了しました。画像からも赤茶色の屋根瓦が連なる統一感のある美しい街並みを見ることができます。ニースでは、2011年5月に主要国首脳会議(G8サミット)が開催される予定です。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201105-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】日本<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】 2009/04/07<br>
        穏やかな海に浮かぶ島々、灘や瀬戸が織りなす瀬戸内海の美しい景観は、古くから多くの人々に親しまれてきました。画像中央左に見える児島湾の西には、堤防により人工的に作られた児島湖と干拓による農地が広がっています。当財団は、衛星画像を利用した新たな取り組みとして、水稲作付面積を把握する解析手法の開発に協力しており、児島湾周辺の農地は検証サイトの1つとなっています。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201104-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】中国<br>【センサ】AVNIR-2<br>【観測日】2007/03/27<br>
        中国・マカオは、南シナ海に面した珠江の河口デルタに位置します。1999年の返還までマカオを統治してきたポルトガルの影響を受け、独特な文化や街並みを形成してきました。とりわけ歴史的建造物が数多く残るマカオ歴史地区は、2005年に世界文化遺産に登録されています。中国では、土地利用分類や都市計画策定などに多くのALOSデータが利用されています。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201103-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】ロシア<br>【センサ】AVNIR-2 <br>【観測日】 AVNIR-2: 2009/12/05<br>
        間宮海峡は、ユーラシア大陸と樺太の間に位置し、その名は江戸時代後期に樺太を調査した間宮林蔵に由来します。画像右に樺太北部、左端にはユーラシア大陸を流れ間宮海峡に注ぐアムール川河口を写しだしています。北海道オホーツク沿岸の流氷は、アムール川から流れ込む淡水により塩分濃度の低くなった海水が凍り流れ着いたものです。この画像では、12月の誕生直後の複雑な流氷の姿を捉えています。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201102-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a> 【国名】ベトナム<br>【センサ】PRISM+AVNIR-2 (パンシャープン)<br>【観測日】PRISM: 2008/11/20, AVNIR-2: 2008/11/20<br>
        ベトナムの首都ハノイは、2010年に遷都1000年を迎え、歴代王宮の遺跡群であるタンロン遺跡は同年8月に世界文化遺産に登録されました。ハノイ中心部から西約30kmのハタイ省では、ホアラック・ハイテクパークの開発が進められており、国家レベルの研究開発・先端技術応用の拠点としての役割が期待されています。当財団では、パーク内に建設が予定されているホアラック宇宙センターの設立に関する調査に協力しています。<br>
        <a href=http://www.alos-restec.jp/_gallery/satellite_images/gallery-201101-l.jpg target=_blank>別ウインドウで開く</a>

|